Home > 留学情報 > 留学案内 > 交通

交通

photo 韓国の交通手段としてはバス、地下鉄、タクシー、汽車、船、飛行機などだ。どの交通手段でも乗車券の種類や料金は行こうとする目的地によって違ってくる。

市内バス

- 番手ごろな交通手段で都市内だけ運行する。もちろん都市の近郊まで行くこともある。 - 乗車券はバス停留所の新聞販売所で購入することができ、現金を払うが乗車券や交通カードで精算すれば割引きされる。前払い方式の交通カードを購入すれば、そのカードでバスと地下鉄を楽に利用できる。 - ソウルの場合運行範囲によって段階的に四つの種類に分かれており、バスの色で区別してある。 - 乗車するときは前のドアから乗り、運転手の横にある箱にバス料金を入れるか交通カードを料金表示機に付ければいい。下車するときは降りるバス停に近づけばバスの車内にあるスイッチを押して、中央のドアから降りればいい。

市外バス

- 般的に地域を他の地域を連結するとか、中距離、長距離バスをいう。多様な地域に多数運行されるのでかなり近い地域への移動に便利だ。大都市の場合ターミナルの範囲によって多くの線に分かれていて本人が住んでいる所から近い所へ行けばいい。普通、当日ターミナルで票を購入し該当乗車場へ行き乗ればいい。予約もできる。

高速バス

- 高速バスは市外バスのように長距離移動に適切で高速道路だけ通るところが違う。また、高速バスターミナルは多くなく一つの都市に一ヶ所だけある。遠くの地域を楽に移動したければ高速バスに乗ればいい。

地下鉄

photo - ソウルは地下鉄がかなり発達しており運行時間が一定で料金が安く利用しやすい。
- 乗車券は地下鉄の入口にある切符売り場で目的地を言い購入すればいいし、交通カードを買って利用してもいい。
- 目的地によって料金も差もでる。
- ソウル外でも 釜山、大邱、大田など大都市には地下鉄が運行されている。
- 運行時刻は普通、朝5時30分頃から夜12時までぐらいだ。
- 全ての案内表示は韓国語と英語で各駅に止まるごとに韓国語と英語で案内されるのでとても便利である。

タクシー

バスや汽車に比べ、高い交通手段ではあるが大衆交通手段がなかなか運行しない夜間とか、道が分からないときなど安全な交通手段だ。
- 都心区間では通り過ぎる空車に向かって手を振るとか、タクシー乗り場で利用できる。
- タクシー料金はメーター機を利用し距離と時間によって決められる。
- 前の座席に座ればシートベルトを付けるのが法で決められている。
- タクシー運転手にチップをあげるのは一般的ではない。しかし、あげても差し支えない。

汽車

photo - 2004年度に高速鉄道(KTX)が開通し、その他のセマウル号、ムグンファ号がある。高速鉄道が一番速く、高い代わりに大きな駅だけを停車し施設もいい。ムグンファ号が一番遅く、安い反面多くの駅で止まる。
- 鉄道路線はよく整備され決められた時刻表通りに運行され長距離旅行にいい。
- 乗車券は主に汽車駅で購入でき、インターネットや他の販売店でも購入できる。もちろん、予約もできる。

交通カード

市内バスと地下鉄を利用できるカードで初め購入するときはカード料を2,000ウォン出し、本人が希望する金額だけ充電し、持ち歩きながらバスや地下鉄に乗るときカードのレーダー機にあてればいい。金額がなくなればまた充電して使えばいい。購入や充電する場所は地下鉄の切符を売る所、バス停の新聞販売所(バスの切符売り場)、バス停の近くの売店などで希望するだけの金額だけ払えば充電できる。カードが必要なければ販売所に返納すればカード料と残りの金額を返してくれる。

留学申請ウィザード

ウィザードを利用すれば段階別に便利に留学申請ができます。

すぐに始める >>

banner02_top

大学検索

地域別に検索

map 江原道 ソウル 仁川 京畿道 世宗 忠清北道 忠清南道 慶尚北道 大田 全羅北道 大邱 蔚山 釜山 慶尚南道 光州 全羅南道 済州島

banner02_bottom

GO

GO