Home > 留学情報 > 留学案内 > 宿所

宿所

photo 韓国で入学する時一番便利な住居は学校の中にある寮を利用することである。しかし、自分の意思や条件によって多様な選考方法がある。
留学生は大学から宿所の探しから契約に至るまで助けてもらうことができる。入学する前の臨時宿所や長期宿所を決めてから韓国に入学することが重要である。

居住形態

韓国の多くの大学はキャンパスの中に大学のアパートや寮のような宿泊施設を運営している。宿所の形態も多様で単純に部屋だけが借りられる形から炊事が可能な独立形や外部委託等多くある。1つの部屋でも学生数が2人か4人の選択が可能である。また、寮の場合には食事付きと無しの場合がある。寮の施設には、普通スポーツ施設や学習室、図書館、コンピュータ室が提供されている。寮費は地域や学校によって差がある。食事無しの場合には1ヶ月に約$100-$200 である。
下宿
下宿は、韓国の家庭で部屋や食事を提供される形である。小規模で運営されている下宿は、一般的に学生が多い。費用は1ヶ月を基準にして払い、下宿によって少し差がある。良い点は、韓国の家庭料理を味わうことができるし、韓国人の生活や日常生活で使える韓国語を学ぶことができる。しかし、多くの人と共同生活をするので私生活が乱れる場合もある。下宿は大学から近い所に多く有り、学校の掲示板やインターネット、地下鉄駅の入り口で貰える広告紙で情報を得ることができる。電話で訪問予約をしてから直接に選択した下宿を見ることができ、契約の場合には特別な制約はない。
ワンルーム
ワンルームは、韓国の住居文化が変わることによって一人で住む人達の為に作られた所である。最近は、生活で必要なすべての生活道具を備えているところが多い。
チョンセは多くの保証金を一括で払い、契約が終わったら保証金を返してもらうことができる。ウォルセは少しの保証金を払い、毎月家賃を払う。契約が終わったら保証金は返してもらうことができる。
オフィステルやアパート、一戸建て
オフィステルやアパート、一戸建てを借りで住むこともできる。一人で一部屋を借りることもでき、何人かの人達と一緒に借りて住むこともできる。 韓国では部屋や家を借りる時に特別な制約はないが、何か法律的に問題が発生した場合、保証金を返してもらう為には自分が住んでいる区役所に行き、賃借契約書の確定日字を貰っておくと保証金が保護される。

賃貸種類

チョンセ
多くの保証金を払って賃貸する方法。本人は税金以外には費用がかからない。一般的に2年毎に更新し、契約が終わったら保証金を返して貰うことができる。
ウォルセ
チョンセよりはかなり安い保証金を払って毎月毎に契約した家賃を払う形である。規模が小さいワンルームや一戸建ての部屋を一つ借りるときに多くの人々が利用する。

部屋を探す方法

住居の確認
先ず自分がどの形で住むのかを決めて、不動産や住宅情報新聞、広告紙で情報を集める。不動産屋を利用する場合は賃貸住宅を探してくれ、契約書を書くことまで手伝ってくれる。住宅情報新聞、広告紙で部屋を探す時は電話でやり取りをする。 韓国は冬が寒いので家を見に行くときは暖房施設を確認することが重要である。
契約
契約書を書く場合には国家が認定する所(不動産屋)で作成するのが望ましい。法律的に問題が発生した場合、保護してもらうことができる。契約する場合には一般的に契約料の10%を家主に支払い、入居する時に残金を支払う。不動産にも手数料を払う。.
確定日字を貰う
引越しが終わったら区役所に行き転入届けを申告し、契約書に‘確定日字'というはんこをもらう。もし、法律的に問題がある場合は優先的に契約金をもらえる法律措置である。
注意事項
契約期間は家の家主と合意の上決める。一般的にチョンセは 2年, ウォルセは数ヶ月から2年の契約である。家賃は普通先払いである。 チョンセ契約の場合には登記簿謄本を確認し、契約者と所有者が同一人物であるかを確認する。また、建物や土地に抵当権が設定されているかどうかを確認する。

留学申請ウィザード

ウィザードを利用すれば段階別に便利に留学申請ができます。

すぐに始める >>

banner02_top

大学検索

地域別に検索

map 江原道 ソウル 仁川 京畿道 世宗 忠清北道 忠清南道 慶尚北道 大田 全羅北道 大邱 蔚山 釜山 慶尚南道 光州 全羅南道 済州島

banner02_bottom

GO

GO