奨学金

홈으로 이동 > 奨学金 > 政府奨学金 > GKS

GKS

韓日共同高等教育留学生交流事業
目的
日韓両国間の高等教育留学生交流により、未来志向な両国の関係を先導し、友好増進の掛橋になる高級人材の育成
支援分野/支援規模/支援期間/受験資格
区分 修士・博士学位課程 学部1年課程 学部短期課程
韓国→日本 日本→韓国 韓国→日本 日本→韓国 韓国→日本 日本→韓国
分野 理工系 全領域 日本語、日本文化 全領域 全領域 全領域
規模 毎年15人 毎年15人 毎年25人 毎年25人 毎年160人 毎年160人
期間 各過程の
標準修業年限
の期間
修士3年、
博士4年
(予備教育課程
1年を含む)
1年
(10月~翌年9月)
1年
(9月~翌年8月)
3か月以内
(修学大学が開設した
プログラムの運営期間)
資格 35歳未満 40歳未満 18~30歳未満 18~30歳未満
修士: 大学卒業(予定)者
博士: 修士卒業(予定)者
相対国の大学の学部正規過程に
在学している2~4年生
相対国の大学の学部
正規過程の在学生
(韓国→日本)韓国国籍者、(日本→韓国)日本国籍者
※ 二重国籍者の受験はできない。

-各過程の詳細な受験資格は今後告知する日韓両国の詳細推進計画を参考。

選抜方法

-招待国が選抜

区分 修士・博士学位課程 学部1年課程 学部短期課程
韓国
学生
在大韓民国日本国大使館が募集(日本国費留学生制度として4月に募集)→日本学生支援機構からの推薦→日本の大学が選抜 在大韓民国日本国大使館が募集(日本国費留学生制度として11月に募集)→日本学生支援機構からの推薦→日本の大学が選抜 日本の大学が募集
※日本学生支援機構の海外留学支援制度を通じてプログラム実施大学を9月に募集
日本
学生
韓国の大学が募集・推薦→国立国際教育院が選抜
※国立国際教育院が修学大学を4月に選定
韓国の大学が募集・推薦→国立国際教育院が選抜
※国立国際教育院が修学大学を4月に選定
韓国の大学が募集・選抜
※国立国際教育院が修学大学を10月に選定
奨学金の支援内容

-招待国が全額負担

-韓国学生の奨学金:日本国費留学生制度(大使館からの推薦)及び海外留学支援制度に準じて支援

-日本学生の奨学金

過程 修士・博士学位課程 学部1年課程 学部短期課程
支援
内容
授業料、生活費(月90万ウォン)往復航空運賃医療保険料(月2万ウォン以内)、定着金(20万ウォン)、論文印刷費用 授業料、生活費(月80万ウォン)、往復航空運賃、医療保険料(月2万ウォン以内)定着金(20万ウォン) 授業料、宿泊費・食費、往復航空運賃など研修プログラムへの参加費用
Last modified : 2019-12-23